fbpx

起業&転職TIMES

新着求人
起業&転職TIMESとは 起業&転職の記事一覧 求人案件情報はこちら 会員登録はこちら 採用ご担当者様へ    アプリダウンロード
しくじり起業家

【しくじりIT起業家とは】自分で事業を起こし、経営者として活躍するIT起業家に、創業時の「いまだから話せる」失敗を赤裸々インタビュー。起業や独立を目指すすべての人に贈る反面教師からの教科書。それが「しくじり起業家」です。

今回のしくじり起業家: 中川 亮 氏

INTERVIEWEE
シェアゼロ株式会社 代表取締役 中川亮。滋賀県出身44歳。
シリアルアントレプレナーとして現在5社目の会社を設立、新しい事業に挑戦中。

イノベーション、グローバル、ビジネスモデルに固執、顧客を放置して失敗!

新しい価値、想いにこだわりすぎ、ユーザーがまったく増えず失敗!

シェアリングエコノミーの仕組みに大いに影響を受け「これは・・・世界が変わる!」と震えるほどに共感。
シェアリングエコノミーを事業に取り入れることにこだわり過ぎ、ユーザーのニーズを捉えぬままサービスをスタート。
結果「数十人の利用で打ち止め」。閑古鳥が鳴くサービスに・・・。

▼当時のリリース記事はこちら

Samurai Fund2号、Share0に出資–「オフィス間借り情報」プラットフォーム提供へ

スモールスタートで検証をしないままシステムに資金投入して失敗!

ベンチャーキャピタルからの出資を受けることに成功。
「急成長」を意識しすぎて、最初から見映えの良いサイトや完璧なシステムを組もうとしてしまった。
結果、資金の大半をシステム開発に注ぎ込み、あっという間に資金不足に。
事業スタート半年後から日銭稼ぎに奔走。

起業家の先輩に相談するも、軸がぶれまくって失敗!

日銭稼ぎに奔走しながら、成功した起業家や投資家とディスカッションを重ねた。
そのアドバイスに安易にのっかり、いろいろと手を出してしまい失敗。
ここでも顧客との対話が足りていなかった。

中川氏の失敗による教訓

教訓1:バイアスをかけるな!

ビジネスにおいて重要なのはビジネスアイデアよりも「そこにニーズはあるのか?」という点です。
冷静にニーズがあるかを考え、実際にユーザーとなり得る人に話を聞きに行きましょう。

教訓2:最初は小さく小さく小さく!

資金調達成功すると気が大きくなり、いきなりシステム開発にお金をかけてしまうのはよくあることです。
会社を立ち上げるとすぐに気づきますが、個人消費と異なり、会社経費は瞬きしてる間に資金が減っていくので要注意。
資金のご利用は計画的に。
「ケチ」と呼ばれるくらいがちょうどいいのだと考えよう。
サイトやシステムも最初は必要最低限の投資に留め、段階を踏んで徐々に精度を上げていきましょう。

教訓3:意見を聞く相手は顧客

成功した起業家や投資家の意見も貴重なアドバイスです。
しかし、彼らが顧客でないならその意見は参考程度聞きましょう。
起業家や投資家とディスカッションする時間があれば、徹底的に顧客と対話しましょう。

しくじり起業家File:001

起業までの経歴

  • 「ITで起業したい」という思いが次第に強くなり(ホリエモンの影響大)
    2006年にIT会社を友人経営者から出資も集めて設立(約1年で終了。出資金は返金)
  • 資金難になり、起業支援するベンチャーに就職。
    新規事業担当として、レンタルオフィス事業を立ち上げる。
    実績が認められて執行役員も務める。
  • 「シェアリングエコノミー」に共感、シェアゼロ株式会社を設立。
    何度かピヴォットした後、フリーランスの空き時間とスキルをシェアするコンセプトの事業を立ち上げ、最終的にクラウドソーシング会社に売却。

しくじり起業家 中川氏から未来の起業家へひとこと

私は30歳で起業して、33歳で一度サラリーマンに戻りました。
お金も自信も失ってまあまあボロボロになりました。
今も変わらず、お金のことを毎日気にしながら、自信もあったりなかったり状態です。

しかし、そんな起業人生、ひっくるめて自分らしいと思っています。挑戦できるってことは幸せです。

これから起業を考えてる人も「挑戦」する幸せを是非体感してほしいです!
起業を見据えて転職したい人、是非、私にご相談ください!

起業転職相談

今回の「しくじり起業家」の提供しているサービス

職住隣接をコンセプトに、渋谷から住まいのある茅ケ崎にオフィスを移転。
起業につながる転職を斡旋する「起業転職」をスタート。
海外人材事業もテストマーケティング中。

起業&転職TIMES
SEKAIWORK

しくじらないためのオススメの一冊

ビジネスモデル症候群 ~なぜ、スタートアップの失敗は繰り返されるのか?

ITビジネスはどうしても「アイデア」「ビジネスモデル」から入りがちなので、ぜひこの一冊に目を通してください。
強烈な「バイアス」を取り除いてくれますよ^^!

他の【しくじりIT起業家 】の記事