fbpx

起業&転職TIMES

新着求人
起業&転職TIMESとは 起業&転職の記事一覧 求人案件情報はこちら 会員登録はこちら 採用ご担当者様へ    アプリダウンロード
しくじり起業家

【しくじりIT起業家とは】自分で事業を起こし、経営者として活躍するIT起業家に、創業時の「いまだから話せる」失敗を赤裸々インタビュー。起業や独立を目指すすべての人に贈る反面教師からの教科書。
それが「しくじり起業家」です。

今回のしくじり起業家: 鬼頭 政人 氏

INTERVIEWEE
弁護士事務所勤務、産業革新機構でのベンチャー投資担当を経て、2013年12月に株式会社サイトビジットを創業。「「リーガル×テクノロジー」で社会のインフラになる」をビジョンに事業を展開中。

創業時に仲間が離れてショック!サービスの価格設定も間違え、解約者続出で失敗!

3人で共同創業のはずが「サンクチュアリ」を気取って失敗!

友人と3人でアイディアをカタチにし、創業するはずが、諸事情により仲間2人とも会社を辞めることなく、たったひとりで創業することに。
漫画「サンクチュアリ」のように「俺が先にいって(会社を辞めて)待ってるぜ」とカッコつけたものの、誰も追っては来てくれず。
漫画のようにはいかず失敗!

創業株主間契約を作っていたものの、詰めが甘くて失敗!

3人の自己資金+政策金融公庫からの借り入れで創業資金を準備。
「創業株主間契約」を結んではいたが、事業がカタチになる前の段階で、契約内容の詳細を詰めることは難しく、なんとなく曖昧な内容に。
仲間2人が創業メンバーに加わらなかったこともあり、ギクシャクした関係が生まれてしまった。

安ければ売れる!と価格設定を間違えて失敗!

市場価格が40万円なのに対し、100分の1の月額4,000円で学習サービスを開始。
これだけ安ければ解約されないだろうと思いきや、まさかの解約者続出。
安易に安値の価格設定をして失敗!

▼当時のリリース記事はこちら

資格試験のオンライン予備校「資格スクエア」が弁理士分野での試験対策提供を開始

鬼頭氏の失敗による教訓

教訓1:ユーザー心理を十分に理解した価格設定を!

「安かろう悪かろうのサービスではないか?」「自己投資に値するサービスなのか?」とユーザーを不安にさせた結果、解約者が増え、ストックビジネスモデルが成立せず。
エンタメとは違い「自己投資」として会費を支払うユーザーの心理や教育ビジネスの特徴を理解していなかったのが敗因。
ビジネスの特徴とユーザー心理を理解した価格設定がストックビジネスにおける肝です。

教訓2:会社を辞めるときは「せーの!」で一緒に!

ひとりだけ先に会社を辞めてしまうと、あとを追う予定のメンバーが先に辞めた仲間の様子を見て「やはり安定した企業に勤めていたほうがいいのでは?」と、安定志向に走り出すことも。
「苦楽を共にしよう!」と決めたならば、全員で手を繋ぎ「せーの!」の同タイミングで退路を断つことをオススメします。

教訓3:創業株主間契約はプロに相談しよう!

「一緒に会社をやろう!」と盛り上がった仲間だからこそ、後々のトラブルを回避するために「創業株主間契約」の締結は必須。
ただし、事業がカタチになる前にきっちりと内容を詰めるのは、当事者間では難しいもの。
信頼できる顧問弁護士に相談することをオススメします。

しくじり起業家File:003

起業までの経歴

  • 法律事務所に3年勤務したあと、産業革新機構に入社。ベンチャーキャピタルやベンチャー投資を担当。仕事を通じて知り合った「個性的なベンチャー経営者」たちの影響を受け、起業を意識し始める。
  • 自らが経験した「資格試験の予備校費用だけで100万円かかる」という厳しい現実にイノベーションを起こすべく株式会社サイトビジッットを創業。

しくじり起業家 鬼頭氏から未来の起業家へひとこと

身もフタもないことを言うようですが、最初の起業では失敗する確率が高いです。 どうせ失敗するならば、若いうちに失敗して、さっさとPDCAを回して学びを得た方がいい。やりたいことがあるなら、若いうちに動きましょう!

株式会社サイトビジット紹介ページ

今回の「しくじり起業家」が提供しているサービス

しくじらないためのオススメの一冊

成功者の告白 神田昌典著

最初に読んだときはピンと来なかったのですが、社員が辞めたあとに読んだらスルスルと入ってきました。ああ、みんな一緒なんだな、みんなが通る道なのだなという安心感。 この本を読んで、起業後のあらゆる出来事を想定しておくと、トラブル発生時の衝撃がだいぶ和らぐはずです。

起業転職についてくわしくはこちら起業転職についてくわしくはこちら

他の【しくじりIT起業家 】の記事