fbpx

起業&転職TIMES

新着求人
起業&転職TIMESとは 起業&転職の記事一覧 求人案件情報はこちら 会員登録はこちら 採用ご担当者様へ    アプリダウンロード
しくじり起業家

【しくじりIT起業家とは】自分で事業を起こし、経営者として活躍するIT起業家に、創業時の「いまだから話せる」失敗を赤裸々インタビュー。起業や独立を目指すすべての人に贈る反面教師からの教科書。
それが「しくじり起業家」です。

今回のしくじり起業家: 越 陽二郎 氏

INTERVIEWEE
1984年生まれ。2008年東京大学卒業。2009年、株式会社日本能率協会コンサルティングに入社し、経営戦略コンサルタント兼アジアマーケティングチームメンバーとして従事。2011年、株式会社ノボットに入社。KDDI子会社medibaへの売却に伴い、同社の海外戦略部創設に参画。タイ拠点立ち上げリーダーとして1年の任期を終えた後、2013年3月退社。同年11月バンコクにてTalentExを創業。

タイの国民性や常識を考慮せずにビジネスを展開し失敗!

「株を渡せば簡単に辞めない」と思い込み失敗!

タイ人・アメリカ人・日本人とバラエティ豊かなメンバーでスタート。自分の持っていた株を少しずつ渡し「株を持ったら共同創業者=自分と同じくらい経営にコミットしてくれる」と思い込んだ。
しかし、当時のタイでは、日本ほど株の優位性が浸透しておらず、「親が引っ越すから一緒に行くので辞めます」という理由で、1年せずに期待のタイ人があっさり退職して失敗。

インターネット普及期のタイに「オンライン完結型ビジネス」を持ち込んで失敗!

タイ人のための新しいソーシャルリクルーティングサービス「JobTalents」をローンチ。
リブセンスのような「成果報酬型」を取り入れるも、タイはまだまだインターネット普及期。
リブセンスのようなSEO効果も出せず、そもそもタイでは、オンラインで知り得た情報に対価を払う感覚が一般的ではなかったため、思うように受注が取れず、失敗!

国民性にあわせた採用のしくみを作れず、初期メンバーが全員辞めてしまい失敗!

タイの人たちは自分に我慢を強いることのない、素直な国民性。
「会社が思ったより遠かったので辞めます」と、初日に退職を告げる社員もいた。
タイの国民性を理解せぬままに採用面接を行った結果、採用がスムーズにできず失敗!

越氏の失敗による教訓

教訓1:その国の価値観を理解した待遇・マネジメントを心がけるべし!

タイでは日本ほどスタートアップの株を持つ人が身近にいないこともあり、株の優位性を実感として感じにくい。
日本との違いを理解せずに、株を持たせれば喜ばれると思ったのがそもそもの誤り。
当人がモチベーションを維持できるだけのやりがい・待遇・労働環境を用意しなければ、人が離れていくことを痛感する。

教訓2:その国の文化にあわせた事業を作るべし!

オンライン完結型で失敗したので、次にローンチした日本語人材を集めるサービス「WakuWaku」では、リアルの場で人を集める「就職フェア」を開催。
企業の認知や雇用支援をオフラインでサポートし、十分に利益が出たあとにオンラインサービスを開始し成功。
その国の文化にあわせたサービスに軸を置くことが、事業継続の鍵であると知る。

教訓3:国民性を重視した採用のしくみを確立すべし!

「タイでは一次面接だけで採用を決めるもの」と当初聞いた慣習に合わせようと思ったのが敗因。
その後、三次面接まで行うようにしたところ、面接途中での脱落者は増えたものの、早期退職はなくなった。
タイという国の寛容さや、人々が無理をせず自然体で生きていることに憧れを持ち、この地にいる以上、自社の従業員にだけ日本人のような「生真面目さ」「従順さ」を求めるのはお門違い。
採用においても、国民性にあわせた柔軟な対応が求められると知る。

現在の越氏

日本のスタートアップ有識者10名ほどが、モスクワ、サンクトペテルブルク、カザン(タタールスタン共和国)のスタートアップシーンに招かれ、情報交換や現地視察を行った「日ロデジタル分野協力セミナー」に参加。
ロシアの圧倒的なエンジニア供給力に驚き、日本とロシア・ヨーロッパにおける IT 開発分野で、人材交流・共同研究・共同事業開発が重要になると確信。
モンスター・ラボとスカイライトコンサルティングから資金調達をし、日本企業向けにエンジニア人材を供給すべくロシア市場に進出している。

バンコクのTalentEx、モンスター・ラボとスカイライトコンサルティングから数千万円を調達——日本のエンジニア不足解消のためロシアへ進出
(出典元:The Bridge)

    しくじり起業家File:010

    起業までの経歴

    • 大学を休学し、バックパッカーとしてバングラデシュやタイなどの地域を回る中で、「日本人として海外で育った自分の使命は何か?」「将来、彼らのために何かできるようになりたい」と考え始める。
    • 帰国後、「ビジネス×社会貢献」を強く打ち出している病児保育事業のベンチャーで1年間インターンを経験。採用や人材育成まで幅広く関わり、ビジネスを学ぶ。
    • バングラデシュやアフリカに貢献する事業の日本支部立ち上げメンバーとして参画するも、一流のビジネスマンに囲まれ、自分のスキルが追いつかず、精神的にボロボロに。朝のホームに立ちながら、「飛び込んだら楽になるかな」という考えが頭をよぎった頃、付き合っていた彼女(現在の妻)の優しさに触れて大泣き。 社会貢献と言いながらも、今の自分はお金も稼がず、誰の役にも立たず、支えてくれる大切な人でさえも幸せにできていない不甲斐なさを痛感。「社会に良いことを」とカッコつける前に「まずは目の前のこの人を幸せにしよう」「そのために稼ごう」と決意する。
    • 父の知り合いから紹介されたコンサルティング会社に入社。とにかく必死で働く日々の中で、妻が妊娠。育休取得を希望するも仕事との兼ね合いで難しく、退職を決意。アジア×成長市場×事業会社という要件で次のステージを選び、スマートフォン向けのアドネットワーク(広告)事業を手がける会社に転職。入社して半年後くらいから、タイに駐在。
    • 日本とのマネジメント方針が合わず、日本とタイに貢献するために来たはずが、どちらにも迷惑をかけていると感じることが多くあり、退職を決意。
    • 他国の企業が入り込み、IT産業が盛んになりつつあるタイで、タイにはない技術・資金・ノウハウなどを持ち込みIT業界黎明期のタイに貢献できるのでは?と考え、現地の経営者に困りごとをヒアリング。経営者の共通の悩みが人材に関わることだと知り、海外から来た自分だからこそできる、タイ人だけでは作れない人材サービスを作ろうと決めて起業。

    しくじり起業家越氏から未来の起業家へひとこと

    起業家の中でもスタートアップ起業家を目指す人は通説に騙されないで!
    特にベンチャーキャピタルや投資家の言うことは鵜呑みにしないように。
    たとえば「ラーメン代稼ぎは悪!」というのは間違い。コンサルや開発等の受託仕事で軸足を固めるのは決して悪いことでも恥ずべきことでもない。むしろケースによっては積極的にやるべき。
    逆に、自分ひとり食べていける程度の稼ぎを得ていない状態で、稼げないという事実に目を背け、口先ひとつで資金を引っ張ろうとするほうが大いに問題あり。

    事業をまわした経験がなくても、資金を手にする仕組みが世の中にはいくつもあるが、調達した1千万などすぐに消え失せる。稼ぐ実力がなければ、あっという間に資金枯渇に追い込まれる。
    まずは稼ぐ能力を身につける。資金調達もやりたい事業もその上で乗り出すことをオススメします。
    とにもかくにも実行とnever give upですけどね!笑

今回の「しくじり起業家」が提供しているサービス

しくじらないためのオススメの一冊

HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか ベン ホロウィッツ (著)

苦しみのどん底にいる人に刺さる本。すでに起業しているならハードシングスを読むべき。

ハーバードからの贈り物 デイジー・ウェイドマン (著)

ハーバードビジネススクールで教授から贈られる「はなむけの言葉(講義)」の珠玉エピソードをまとめた一冊。苦しいこと辛いことが待っているけれど、それでも一歩踏み出そうと思える。起業を目指している人に、ぜひ読んでほしい一冊。

他の【しくじりIT起業家 】の記事