fbpx

起業&転職TIMES

新着求人
起業&転職TIMESとは 起業&転職の記事一覧 求人案件情報はこちら 会員登録はこちら 採用ご担当者様へ    アプリダウンロード

気になる海外IT記事まとめ(8/12~8/17)

1週間の海外IT関連記事を【起業&転職TIMES】編集者がピックアップ!
仕事に役立つ&起業に必要な情報を毎週日曜日にお届けします。

日本語まとめ

  • 8月末にルクセンブルク大学のLuxAIチームが、自閉症の子ども向けロボット「QTrobot」の開発プロジェクトを発表する。
  • このロボットは自閉症児の不安を軽減し、セラピストと自閉症児との絆を作り出す良いパートナーになりそうだ。
  • 研究では、ロボットがいることによってスムーズに会話が弾み、手の動きなどのボディランゲージが大きくなる傾向があった。
  • またロボットはタブレット端末よりも子供たちの学習意欲を向上させることが分かっている。
続きを見る

日本語まとめ

  • アジアは世界におけるフィンテック業界で今後主導的な役割を担う可能性がある。
  • 成長が緩やかなヨーロッパは、例え業界内でリーダーになれずとも、アジアと協力関係を結ぶことで有益な未来が予測される。
  • アジアでは経済成長やテクノロジーが急激に進んでおり、銀行口座を持たない人々にとっては、携帯電話があれば利用可能なフィンテックアプリは革命的なメリットがあった。
  • リスクは、法的枠組みが決められていないため、文化の違う近隣諸国に市場を拡大するには障害が多いこと、また政治的にシリコンバレーやシンガポールなどの成功事例にとらわれ、独自の成長が出来ずに失敗する例があることだ。
  • ICOの規制が緩く魅力的なヨーロッパに、多くのアジアのフィンテック企業が資金を移動することによって、双方にとってWin-Winな関係を築けるであろう。
続きを見る

日本語まとめ

  • Chun Dong Chau氏はシンガポールでAdvance.aiという与信システムテクノロジーを開発した。
  • 与信情報だけではなく、スタートアップにとっては才能あふれる人材を採用するためのデータベースにもなり得る。
  • そもそも東南アジアでは債務不履行率が高く、金融機関は利率を高くせざるを得なかった。それは顧客の信用情報がほとんど無く、融資の判断材料が不足しているからである。
  • これまでの与信システムとは違い、スマートフォン使用履歴、ソーシャルメディアアカウント情報、eコマース購入履歴等のデータを独自のアルゴリズムによって分析できるようにするAIであり、貸し手が融資をするリスクを判定することが出来る。
  • 本拠地はシンガポールにあり、優秀な技術者を持つ中国に製品開発やソフトウェアチームを置き、IT成長の著しいインドネシアにオペレーションチームがある。今後5年で、金融機関から融資が受けられない人全てがAdvance.aiを利用できるよう市場を拡大したいとしている。
続きを見る

日本語まとめ

  • ドイツのエンタープライズソフトウェア大手SAPは、女性リーダーが経営するテクノロジー企業を対象にしたSAP.io Foundryアクセラレータープログラムのニューヨークメンバーを発表した。
  • ファンドでは通常アクセラレータープログラム後に投資を行うが、これまでに受け取った例がない。実際にはSAPのネットワークによるパートナーとの連携や、様々な技術支援を受ける権利があり、このメリットが大きな目的であるようだ。
  • 女性リーダーとは、女性が経営幹部クラスや創業者の一人であることを基準としている。なお、今回該当する9社のうち、女性がCEOではないスタートアップ企業は2社のみだった。
  • 今回の該当企業及び対象者はリンク先で!
続きを見る

他の【海外メディア 】の記事